音速~音楽のまとめサイト~

音楽系のニュースなどをまとめるサイトになっております。 是非お立ち寄りください!

      

    J-pop

    20140422-yonertsu

    1: 2018/04/19(木) 04:27:54.215 ID:GDhNsAwq0
    ただの凡庸なポップスやんけ…
    リスナーの耳退化しすぎやろ

    【【名曲の条件”耳に残る”】キッズ「米津玄師のLemonマジで神曲!邦楽最高傑作!」俺氏「リスナーの耳退化しすぎやろwwww」 】の続きを読む

    idol_fan_penlight_women

    1: 2018/04/15(日) 03:25:53.11 ID:gFxKsvGqd
    B'z

    【【陰キャ注意】ファンの陽キャ率が高すぎるアーティストwwwwwww】の続きを読む

    20140422-yonertsu

    1: 2018/04/11(水) 07:53:46.398 ID:lDZy/glb0
    できれば惚れさせたい

    【【モテテク】米津玄師が好きな女とカラオケ行くんだが、アイネクライネ歌えばおとせるの???】の続きを読む

    no title

    1: 2018/04/14(土) 12:54:28.03 ID:CAP_USER9
    先週末、宇多田ヒカル(35)の離婚が報じられた。宇多田といえば、言わずと知れた、日本のトップシンガー・ソングライターだ。

    2010年に“人間活動”を理由に無期限活動休止となった。自分で切符を買って電車に乗るといった普通の行動をしたいので……というわけだ。

    14年にイタリア人バーテンダーと再婚し、長男を出産。16年になってNHK朝ドラ主題歌をリリースして活動を再開したとされている。その流れの後、離婚が明らかになるのだが、その理由も時期もまったく不明のままとなっている。

    結婚生活がダメになっての活動再開か、活動を始めてスレ違いなどの理由で破局したのか、活動と離婚の関係などまったく判然としない。また、一部の報道では、宇多田が現在プロデュースしている若手男性ミュージシャンが新しい恋人なのではないかという話も出ている。

    で、こういう話について、宇多田というアーティストは極めて取材しにくく、確認ができない人物だ。

    思えば、デビューした後のファーストアルバムが、最終的に900万枚超えのセールスを記録し、化け物的な大ヒットで大スターとなった。その頃から父親の宇多田照實さん(69)がマネジメントをしていて、当時のレコード会社の担当役員のわずかな人が宇多田と直接、話をすることができるといった具合で、なかなか情報が出てこない存在になっていた。

    ■ファンの飢餓感あおる手法

    それは今も同じで、ロンドン在住ということになっているが、ニューヨークにもコンドミニアムを所有しているといわれ、日本を含めどこにいるのかさえ確定できない状況。情報がマスコミを通じて出てくることが極端に少ないということになる。

    これ、実は多くのファンのいる、ごく少ないタレントだけが使える、“ファンを飢えさせる”という高等テクニックだ。意図したものではなく、結果的にそうなっているのだろう。この“ファンを飢えさせる”という戦術は、例を挙げると、全盛期のSMAPがそうだった。

    通常、アーティストは年に一度、アルバムを発売してコンサートツアーを展開するのだが、SMAPはある時から毎年ツアーを行わず、コンサートのない年をつくった。他の仕事をそれぞれのメンバーが行っていることもあるが、5人が揃って歌うところを見たいファンはガックリ。その翌年にでもツアー開催すると、熱狂的にコンサートに殺到することになる。

    もちろん、超がつくほどの人気がなければ、忘れられるぐらいのリスクある手法だが、宇多田は自然にその手法を使っている。誰もが宇多田の楽曲が新たに出れば、気になって耳を傾ける存在なのだ。突然、名前が出た背景には何があるのか? 案の定、近く12年ぶりの国内ツアーを開催するそうだ。 
    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_454799/

    【【PR戦略?/離婚の焦り?】宇多田ヒカル、12年ぶり全国ツアーの裏には飢餓感あおる戦略が....!?】の続きを読む

    idol_woman

    1: 2018/04/14(土) 08:34:25.33 ID:OudMfe5E0
    マジでJPOPがKPOPに負けたのってAKBとジャニのせいだよな

    ジャニとAKBが悪徳商法のせいでオリコンランキングなど各種の売上チャートが機能しなくなった
    売れてる=人気ではなくなったし本当に人気な曲が嵐とAKBに埋もれるようになった
    そしてジャニーズはジャニーズ以外のレベル高いアイドルグループに圧力かけて潰す
    結果日本の音楽界は死んだ

    K-POPはそういう障害がないからどんどんレベル高いアイドルが競争して一層レベルが高くなる 日本人すら韓国アイドルを目指すようになってしまった

    【JPOPがKPOPに負けたのってAKBとジャニのせいだよな....】の続きを読む

    TSU75_micmotute_TP_V

    1: 2018/04/14(土) 08:00:54.74 0
    石井竜也、米米CLUBで数々のヒット曲も「印税はない」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000112-sph-ent

    【【バンドあるある!?】米米クラブの石井竜也は印税が全然もらえていない・・・ 】の続きを読む

    no title

    1: 2018/04/12(木) 22:07:25.87 0

    【浜崎あゆみと倉木麻衣ならどっちが実力あるの?「倉木になんの才能があるんだよ!」「浜崎なんて鼻詰まりの糞歌唱だろ!」 】の続きを読む

    TSU75_micmotute_TP_V

    1: 2018/04/11(水) 08:19:46.24 ID:CAP_USER9
    4月7日からデビュー20周年を記念したアリーナツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2018 ~POWER of MUSIC 20th Anniversary~』を開催する歌手の浜崎あゆみが、3月31日にインスタグラムとLINE LIVEで生配信をおこなった。そのときの姿が話題になっている。

    浜崎といえば、SNSに画像や動画を投稿するたびに《アップする画像よりも顔がパンパン》、《今日の感想は「痩せてほしい」の一言!》といったコメントが寄せられているが、今回のライブ配信はいつも以上だった。顔はたるんでいて下膨れし、肩回りと二の腕は丸くなり、ウエストも太くなっているのが服の上からでもわかるほどだった。

    その後、《確かに昨日のLINEライブの私はほんとに浮腫んでるわ頭の回転も遅いわで司会進行だなんて名乗れるもんじゃなかったね。それはただひとえに私が悪い。(略)だけど、4時にLINEライブやったわたしも、9時半にインスタライブやったわたしも、11半に帰宅して自撮りしたわたしも、全部本当のわたしだよ》と綴り、ブログを締めた。

    https://myjitsu.jp/archives/48572

    【浜崎あゆみ「激太り生放送」配信後に苦しい反論......】の続きを読む

    TSU75_micmotute_TP_V

    1: 2018/04/08(日) 20:26:46.20 ID:CAP_USER9
    歌手の浜崎あゆみ(39)が、デビュー記念日の4月8日、さいたまスーパーアリーナで全国アリーナツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2018 ~POWER of MUSIC 20th Anniversary~』を開催。デビュー20周年を迎えた浜崎は、駆けつけた1万3000人のファンに祝福され、感動の涙を流すひと幕もあった。

    アンコール明けのMCで「大事な日にすてきなみんなと、すてきなステージを作ることができて幸せです。本当にありがとう!」と満面の笑みを浮かべた浜崎。ピンクのサイリウムで彩られた会場を眺めながら「みんながくれた20年。またきょうから、変わらずみんなと同じスピードで進みながら、同じ景色を見て、いつかのゴールを見ながら進んでいきたい」と決意新たに語ると、万雷の拍手を浴びた。  
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000380-oric-ent 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000380-oric-ent.view-000

    【浜崎あゆみ、20周年ライブで感涙!!⇒ネット「(´・ω・).........」】の続きを読む

    _SL1500_

    1: 2018/04/09(月) 05:02:47.16 ID:Ple+i7Iu0
    最近出たアルバムの曲が嫌儲とかで荒れてるが、そらそうよとしか
    北川はストレートな歌詞しか書けないのは知ってたがここまでどストレートにしか書けないならこういう題材は岩沢に任せておけと思う
    宗教や政治を取り扱うには、北川では作詞能力足らんわ

    【ワイゆずファン、さすがに北川に呆れる........ 】の続きを読む
               

    このページのトップヘ